生乾き臭を防げ!部屋干しで洗濯物を早く乾かすコツ4つ

梅雨本番でジメジメとして、雲の多い日々が続きます。
こんな時期はどうしても洗濯物の部屋干しが多くなりますよね。

部屋干しをすると気になるのが臭い。部屋干しをすると衣類が臭う原因は「繁殖した雑菌」が原因です。
今回は部屋干しの時に雑菌が繁殖しないように、衣類を早く乾かすコツをご紹介します。

風の通り道に干す

「干す場所が無いから」とカーテンレールや、ドアの上の戸当りに洗濯物を干していませんか?

こういった場所は部屋の隅にあるため、風の通り道が無い場所になります。
風が通らないということは、衣類が乾くまでに時間がかかって雑菌が繁殖する時間が増えてしまいます。

早く衣類を乾かすには風通しの良い場所に干すのが大事ですので、部屋干しをする際は鴨居フックや、室内用の物干し、物干しロープなどを活用して風の通り道に干すようにしましょう。

家電を活用する

生乾き臭を防ぐには短時間で乾かしてしまうのが一番。
室内にある家電を活用してチャチャっと乾燥させちゃいましょう。

1.エアコンの除湿・ドライを使う

ドライ、除湿はその名の通り、部屋の湿度を下げます。
湿度が低くなると衣類は早く乾きますのでエアコンを使わない手はありません。

「部屋干しのためだけにエアコンを使うのはもったいない」と考える方も多くいらっしゃるかと思います。
そんな場合は帰宅時間に洗濯物が出来上がるように洗濯機のタイマーをセットしておいて、帰ってきたらエアコンONと同時に部屋干しをスタートするのがオススメです。

2.扇風機・サーキュレーターを使う

先ほど解説した「風の通り道」を家電で作ってしまいます。
首振りモードにして洗濯物にまんべんなく風が当たるようにして乾くまでの時間を短縮します。

エアコンの除湿・ドライと組み合わせて使うと短時間で洗濯物が乾きますよ。
エアコンとの併用の利点は洗濯物以外にもあります。
扇風機・サーキュレーターによって室内の空気が循環すると、部屋の上部にある暖かい空気と足元の冷たい空気が適度に混ぜられて冷えすぎの防止にもなります。結果的に節電にもつながります。

もちろん、エアコン無しでの使用でもそれなりの効果は見込めます。

洗濯物を干す時、間隔を広めにとる

天日干しの際もそうなのですが、洗濯物同士の隙間を広めに取ると早く、しっかりと乾燥できます。
洗濯物同士が密着していると風が通りにくくなり、隙間の空間の湿度も高くなるので余計に乾きにくくなってしまいます。

干す際はできるだけ広く間隔を取れるように干しましょう。

「洗濯物が多すぎて難しい」といった場合は、一部の洗濯物を乾燥機で乾燥させる、なるべく毎日洗濯するなどテクニックを併用しましょう。

面倒でも毎日洗濯をすると雑菌が繁殖しにくくなって、更に臭いがしづらくなるのでオススメです。


いかがでしたか?

今回は「部屋干しで洗濯物を早く乾かすコツ4つ」をご紹介しました。
このコツと、先日紹介した洗濯法を活用すれば、部屋干しの臭いを軽減することができます。

ぜひ参考にしてみてくださいね。