【プチコラム】余ったMeauの使い方「茶渋落とし」

有効期限が3ヶ月のMeau(エムオー)。
思い切って大量に買ったけれども消費しきれない。という方もいらっしゃるかと思います。

今回は余ったMeau(エムオー)の使い方として、Meau(エムオー)の使い方~日常生活 キッチン編~にも掲載している「茶渋落とし」をご紹介いたします。

茶渋落としのやり方

茶渋のついた急須や湯呑みの中にMeau(エムオー)を入れて半日~1日放置します。
湯呑みやマグカップの飲み口に茶渋がついている場合は、洗い桶などにMeau(エムオー)を入れて丸ごと浸してください。

マグカップでもやってみました

記事のアイキャッチにも急須で実際に茶渋落としをした写真を掲載していますが、今回は新たにマグカップでも茶渋落としをやってみました。

金曜日の夕方から月曜日の朝にかけてMeau(エムオー)を入れて放置。
月曜日の朝にマグカップからMeau(エムオー)を捨てて撮った様子が下の写真です。

見事にMeau(エムオー)を入れたところまでの茶渋が取れています。
茶渋そのものはMeau(エムオー)に溶け込んでいたため、特にスポンジ等でこする必要もありませんでした。

Meau(エムオー)が入っていなかった部分(特に飲みくちに使用している奥側)は見事に茶渋が残ってしまってクッキリと茶渋の線が出る結果となりました。

ちなみに今回の実験では3日間Meau(エムオー)を入れた結果ですが、他の社員によると「2,3時間だけでも茶渋が消えていた」との報告もありますので、半日~1日でも十分茶渋は落ちますのでご安心ください。

期限切れのMeau(エムオー)があったり、期限までにMeau(エムオー)が使い切れないと感じている方は試してみてください。

漂白剤を使わず、簡単に安全に茶渋が落とせます

Meau(エムオー)による茶渋落とし、除菌は「漂白剤でやると子供が誤飲しないか心配」という方には特にオススメです。

茶渋取り以外にも使い方のページには場所や、シーン別に使い方を掲載しておりますのでぜひ一度ご覧ください。