1. HOME
  2. ブログ
  3. プチコラム
  4. 生ゴミのイヤ~な臭いの原因と6つの対策

ARTICLES

コラム

プチコラム

生ゴミのイヤ~な臭いの原因と6つの対策

ゴミ箱を開けた瞬間、生臭いイヤ~な臭いがする事ってありませんか?

今回は生ゴミのイヤ~な臭いの原因と対策についてご紹介いたします。

臭いの原因は「嫌気性細菌」

生ゴミを温かい(細菌が増殖するのに適した)場所に放置すると細菌が生ごみの栄養と水分を使って増殖し、臭いを発生させるようになります。
生ゴミをゴミ箱に捨てた直後は臭いませんが、時間を置いてからゴミ箱を開けるとイヤ~な臭いが出るのは細菌が増殖したことが原因です。

臭いを発する細菌は「嫌気性細菌」という菌で酸素を嫌う菌なのですが、密閉されたゴミ箱の中は酸素量が少ないため更に菌が増殖しやすくなります。

対策1「生ゴミ処理機」

生ゴミ処理機は生ゴミを乾燥させたり、微生物に分解させたりすることで臭いを防ぎつつサイズダウンすることができます。
処理された生ゴミは家庭菜園の肥料などに使うこともできます。

使用時に音が出ることや、電気代がかかること、機種によっては臭いが出てしまうこと、導入費用がかかることが難点です。

対策2「冷蔵庫や冷凍庫に入れる」

上に書いたように、温かいところに生ゴミを放置すると菌が増えます。
冷蔵庫や冷凍庫に入れると、菌が増えにくくなるので臭いを減らす事ができます。

食べ物と同じ場所に生ゴミを入れるのに抵抗があると実行できないのが難点です。

対策3「ゴミ箱に捨てる前に新聞紙で包む」

生ゴミの水分を切った後、新聞紙に包んでからゴミ箱に捨てます。
新聞紙が生ゴミの水分を奪うことや、新聞紙のインクの消臭効果によって臭いが抑えられます。

対策4「防臭グッズを使う」

ゴミ箱のフタに生ゴミの臭いを抑えるグッズを取り付けます。

商品や使用する環境によっては効果を実感できない事があるので注意が必要です。

対策5「消臭剤やお酢を吹きかける」

中性次亜塩素酸水Meau(エムオー)のような「除菌することで消臭する」機能を持つ消臭剤を使用すると、増殖した菌が除去されて臭いを一時的に抑えることができます。
菌を除去ということで、お酢を吹きかけるのも同様の効果が期待できます。

菌が再び増えてくると臭いがしてくるのが難点です。

スプレーボトルに中性次亜塩素酸水Meau(エムオー)を入れてキッチンに置いておくと、食器やまな板の除菌、ゴミ箱や生ゴミの消臭などに活用できて何かと便利なのでオススメです。

対策6「重曹をかける」

ゴミ箱に重曹をかけると弱アルカリ性の中和作用によって消臭効果が期待できます。
少なすぎると効果が出ないので、様子を見ながら適量かける事が大事です。


いかがでしたか?
今回は生ゴミのイヤ~な臭いの原因と対策方法をご紹介いたしました。

生ゴミの臭いにお悩みの方はぜひ一度試してみてくださいね♪

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

関連記事