保育園・幼稚園での除菌方法【使用者の声をインタビューしてます】

ウイルスや菌の感染は、特に免疫力が低い幼い子供や多くの人が集まる保育園では重大なリスクとなります。保育園で働くスタッフと通園する子供たちをウイルスや菌から守るための具体的な対策を紹介します。

保育園でのリスク

保育園では、子供同士の接触が多く、感染が広がりやすい環境です。これらのリスクを理解し、適切な対策を講じることが重要です。

基本的な感染予防知識

ウイルスと菌の違い  

ウイルスと菌は異なる微生物であり、感染のメカニズムや予防方法も異なります。

ウイルスは細胞内でのみ増殖し、菌は自ら増殖する能力があります。

主な感染経路

感染経路には、接触感染、飛沫感染、空気感染があります。保育園では、特に接触感染と飛沫感染が多いため、これらの予防が重要です。

保育園での対策

保育園で除菌するべき場所は、子供たちが頻繁に触れる場所や共有する物が主な対象です。

  1. ドアノブ・手すり:頻繁に触れるため、ウイルスや細菌が付着しやすい場所です。
  2. おもちゃ:共有することが多く、口に入れることもあるため、特に注意が必要です。
  3. テーブルと椅子:食事や遊びの時間に使用されるため、食べ物のカスや唾液が付着することがあります。
  4. トイレ・おむつ交換台:衛生管理が特に重要な場所です。
  5. 床:特に赤ちゃんや小さな子供がハイハイする場所は、清潔に保つことが重要です。
  6. シンク・手洗い場:手を洗うために多くの子供が利用します。
  7. カーテンやカーペット:細菌やアレルゲンがたまりやすい場所です。
  8. 寝具・マットレス:お昼寝の時間に使用されるため、定期的に洗浄することが重要です。

 

定期的な除菌と清掃を行い、保育園内の衛生環境を維持することが、子供たちの健康と安全を守るために重要です。  

除菌方法は 

保育園での除菌アイテムには、以下のようなものがあります:

アルコールスプレー

– 手指の除菌や、おもちゃ、机、ドアノブなどの表面の除菌に使用します。

除菌ウェットティッシュ

– 手軽に使えるので、子どもが触れる場所を頻繁に拭くのに便利です。

次亜塩素酸ナトリウム液

– 高い除菌効果があり、トイレやおむつ交換台などの除菌に適しています。ただし、使用方法に注意が必要です。

中性電解水  

-中性電解水は水と塩から生成され、化学薬品を使用しないため、子どもたちに対する安全性が高いです。

 

使用する際は、子どもたちの安全を第一に考え、各アイテムの使用方法や使用場所に応じた適切なアイテムを選ぶことが大切です。 

 

安心安全な中性電解水とは 

利点  

安全性: 中性電解水は水と塩から生成され、化学薬品を使用しないため、子どもたちに対する安全性が高いです。

強力な除菌力: 細菌やウイルスに対して高い除菌効果があります。

残留物が少ない: 使用後の拭き取りや洗い流しが不要で、環境にも優しいです。

無臭: 化学的な臭いがなく、子どもたちやスタッフにとっても快適です。

使用方法 

  1. おもちゃの除菌: おもちゃや遊具にスプレーして、自然乾燥させるか、清潔なクロスで拭き取ります。
  2. 表面の除菌: 机、椅子、ドアノブ、トイレの便座など、頻繁に触れる場所にスプレーして拭き取ります。
  3. 空間除菌: ミスト状にして空間に噴霧することで、空気中の菌やウイルスを除去します

インタビュー動画