「次亜塩素酸水」と「次亜塩素酸ナトリウム水溶液」の違いとは?

「次亜塩素酸水」と「次亜塩素酸ナトリウム水溶液」は同じものだと思っていませんか?
実はこの2つ、名前は似ていますが全く別のモノです。

今回は「次亜塩素酸水」と「次亜塩素酸ナトリウム水溶液」の違いについて解説します。

次亜塩素酸と次亜塩素酸ナトリウムは違う化合物

「次亜塩素酸水」とは次亜塩素酸の水溶液のことです。
次亜塩素酸は水素原子と塩素原子が酸素原子に結合した構造で、化学式で表すとHClOです。
不安定な物質で、水溶液中で徐々に分解するため長期保存が難しい特性を持ちます。

「次亜塩素酸ナトリウム水溶液」とは次亜塩素酸ナトリウムの水溶液のことです。
次亜塩素酸ナトリウムは次亜塩素酸のナトリウム塩で化学式はNaClOです。
次亜塩素酸ソーダと呼ばれることもあります。
高濃度であれば次亜塩素酸と比べると安定していて、長期保存ができます。
家庭では主に塩素系漂白剤や殺菌剤などに使用されています。

次亜塩素酸水は「酸性」、次亜塩素酸ナトリウム水溶液は「アルカリ性」

「次亜塩素酸水」は酸性~弱酸性、中性の商品が多く、「次亜塩素酸ナトリウム水溶液」は強アルカリ性の商品が主です。

どちらも中性から離れれば離れるほど人体に危険なものになっていきます。

酸性の度合いが強い液体の場合、金属を溶かしたり、有機物を腐食します(溶かすのではなく、ボロボロにします)。
また、次亜塩素酸は酸性の度合いが強くなるほど有毒な塩素ガスに変化しやすくなるため扱いが難しくなってきます。

強アルカリ性の液体には皮膚のタンパク質を溶かしてしまう性質があります。
素肌に塩素系漂白剤が付いた際にヌルヌルした経験をお持ちの方もいらっしゃるかと思います。
それは皮膚のタンパク質が溶けているためです。

ちなみに次亜塩素酸ナトリウム水溶液を弱アルカリ性などにしたいとき、酸性の薬品を混ぜてはいけません。有毒な塩素ガスが発生して、死亡事故に至る危険性があります。
その代わり、弱アルカリ性にしたいときは水を混ぜて薄めましょう。

次亜塩素酸ナトリウム水溶液のほうが塩素臭が強い

どちらも塩素の臭いがしますが、次亜塩素酸ナトリウム水溶液のほうがより強い塩素臭を放ちます。

除菌力・消臭力は次亜塩素酸水が上

同じ濃度で比べると次亜塩素酸水のほうが強い除菌力・消臭力を持ちます。
その差は数十倍から数百倍と言われています。
これは次亜塩素酸ナトリウム水溶液が強アルカリ性のためです。

次亜塩素酸ナトリウム水溶液の有効成分は次亜塩素酸および次亜塩素酸イオン(ClO¯)なのですが、次亜塩素酸はアルカリ性の度合いが強くなる(pH10以上になる)と次亜塩素酸イオンに変化します。

次亜塩素酸イオンは次亜塩素酸と比べて除菌力が弱くなります。
そのため、強アルカリ性の次亜塩素酸ナトリウムは次亜塩素酸水と比べて除菌力が弱くなります。

漂白するなら次亜塩素酸ナトリウム水溶液

漂白性は次亜塩素酸ナトリウム水溶液のほうが圧倒的に強いです。
次亜塩素酸水でも漂白はできなくはないですが、シミ抜きには次亜塩素酸ナトリウム水溶液のほうが適しています。

次亜塩素酸水は「直接手にふれてもOK」、次亜塩素酸ナトリウム水溶液は「手にふれないほうがいい」

次亜塩素酸水(弱酸性~中性)は

  • 布製品の除菌・消臭
  • テーブル拭き
  • 手洗い

などの直接手に触れるような使い方に向いています。
使い方のページでも色々な使い方を紹介していますので、ぜひご覧ください。

次亜塩素酸ナトリウム水溶液は

  • 衣類のシミ抜き
  • カビ取り
  • 排水口のぬめり取り

などの手が触れないような使い方や、強い漂白性を活かした使い方に向いています。


いかがでしたか?
今回は「次亜塩素酸水」と「次亜塩素酸ナトリウム水溶液」の違いについて解説しました。

それぞれの違いをしっかり把握して、うまく活用していきましょう。

Meau生成器無料お試し実施中!