【プチコラム】インコの気になる悪臭。原因は?

インコなどの鳥類を飼っている方の中には、突然の悪臭に戸惑ったこともあるかと思います。
ナッツのような香ばしい香りではなく、嗅いだら気分が悪くなる悪臭のほうです。

今回はインコの悪臭の原因と対策をチラっとご紹介いたします。

1.手入れ不足

ケージ内のゴミは毎日取り除きましょう。

底の部分が引き出せるケージですと手入れが簡単にできますので、ケージを選ぶ際は見た目やサイズ以外にお手入れのしやすさも選考基準に入れましょう。

見た目、何も問題無くても放置した糞便から臭いが発生する事もあるのでお掃除はできるだけ毎日しましょう。

面倒に感じるかもしれませんが、毎日ケージをキレイにすることで病気の予防もできます。
インコもキレイな所で生活できるほうが幸せだと思います。
何より、人間と違ってインコは自分でお掃除できませんしね。

また、ケージの底を水拭きする際はMeau(エムオー)を使うと消臭効果が見込めます。
水拭きしなくても、ケージにMeau(エムオー)をスプレーすると臭いの原因を分解して臭いが軽減されたり、消えたりすることもあります。

2.発情期

発情期になると独特の臭いを発することがあります。

春先や秋など、インコにとって暖かい気候になると発情しやすくなります。

対策としては発情を抑制する、発情期が短くなる環境にします。

発情期が長引くとオスの場合は精巣のガン化、メスの場合は卵詰まりや産卵による体力の消耗などの健康への悪影響もありますので、できるだけ発情を抑制するようにしましょう。

発情の抑制方法としては、

  • 日が暮れたらケージ内を暗くし、光が差し込まないようにする
  • 発情の対象を遠ざける

などの方法があります。

詳しい方法を知りたい場合は、かかりつけの獣医師にご相談ください。

3.エサ

インコは発情期になると糞を溜め込む習性があるため、糞を溜め込ませないように対策しましょう。体内に溜め込んだ糞が排泄された時に悪臭が発生します。
糞を溜め込ませないためには、脂肪分の高いエサを与えないようにします。

また、インコも人間と同様日常的に食べるものによって臭いが変化することがあります。
そのため、フルーツをブレンドしたエサに変更してみるなど数種類試して、臭いの変化の様子をみてください。

4.水浴び、砂浴びをさせていない

水浴びや砂浴びをさせていない事によって、インコ自身が悪臭を放つことがあります。

水浴び、砂浴びは身繕いの他、ストレス解消にも繋がりますので定期的にさせてあげましょう。

水浴びの際にお湯を使うのは厳禁です。
羽についている脂が流れて保温効果を失うことから、インコが風邪をひくなどの悪影響があります。

5.口臭、下痢、その他体調不良

1~4に当てはまらず、インコ自身の口から臭いがしていたり、下痢の形跡がある場合、何だか大量が悪そうに見える時は病院で一度診察を受けましょう。

診察を受けても何もなかったとしても、我が子の健康を再確認できるいい機会です。

番外 部屋の布製品(カーテン)に臭いがしみついてる

原因がインコではなく、調理やアロマテラピーなど様々な種類の臭いがついた生活臭が悪臭の原因の可能性もあります。

そんな時はソファやカーテン、カーペット等の布製品にMeau(エムオー)をスプレーしたり、床をMeau(エムオー)で水拭きすると除菌・消臭できますので是非お試しください。


動物だから臭うんです

インコは動物です。
犬猫と比べてサイズが小さいからといって、臭いが無いということはありえません。
嗅いで気分が悪くならない臭いであれば、気にしすぎないようにしましょう。